河野さんの日々

モザイクだらけです。

ぶらり静岡旅 下調べ編


さて、数年前に喧嘩した友達に謝りたいという思いつきで始まってしまったこの企画ですが。
昨日宣言した時点ではまだ何も調べていない状況でした。
そう...何も
さぁ素敵な地獄のスタートです。

〜〜〜〜〜〜昨日

~1:05~ 休憩時間
俺「とりあえず行き方がわかんないとどうにもなんないし、正確な位置と最寄り駅調べますかな〜」
今回俺は静岡県富士宮市の内房というところに行いきます。
俺「まず富士宮市を調べよう」

緑緑緑緑緑緑緑緑緑
青青青青青青青

俺「すごい、自然がいっぱいだ。」
なんだこれ。めちゃくちゃ楽しそう!!
最初こそ画面にペンキでも塗られたのかと思いましたが(だって横浜って緑ないんだもん)びっくりしたのも一瞬のこと
とてつもなく楽しそうな場所です。
何を隠そう俺は緑をこよなく愛していますから!!
それこそタンポポの綿毛をひとつひとつ地面に植えるくらいのレベルで愛しています!!
俺「これは内房というところも期待できるぞ!!」


ひょおおぉぉぉぉお!!
素晴らしい!!素晴らしいです!!
特に寺があるのが素晴らしい!!
ここはチェックポイントですね!

俺「お!!駅がある!!」
そう、緑に興奮しながらもしっかり行き方を探していた偉い俺は、最寄り駅らしき駅を見つけました。
俺「芝川駅...」
当然ながら聞いたことありません
なのかなのか紛らわしい名前をしています。
俺「なるほどなるほど芝川駅かオーケーオーケー」←芝川駅を知りません。
とりあえず俺は、最寄り駅である横浜駅から芝川駅までにかかる電車代と時間を調べました。

俺「まぁ、横浜から東京まで行くのに1000円もかかんないんだし、高くて往復3000円とかだろ。1時間半くらいでつけるのかな。」

結果発表♡


...あれ?
電車代では見たこともない数字だったかもしれません。
そして時間もこれまた始めてみた数字だと思います。
電車内で1日の約1/7を潰すわけです。
純情な感情も大暴走してしまいます。
「開いた口が塞がらない」とはこういう時のことを言うんだろうな、と痛感しました。
比喩ではなく見事に口が開ききっていたようです。
膝によだれが垂れました。

少し下まで見ると地獄が広がっていました。
さすがにそんな高いのでは行けない
というより行きたくないので、最も安い賃金で行きます。
それでも往復約5000円です。

次回はついに出発です!

ぶらり静岡旅 当日 http://oppaifestival.hatenablog.com/entry/2016/05/04/131648